スマートフォンのカメラロールを見ていたらマゾとのプレイした時の画像に手が止まりこの日の事を思い出したわ。自虐的なマゾ変態で毎回思う存分サディストな自分を解放して遊べる都合のいいマゾだ。きっと自分が載ってる姿に興奮してオナニーしているんだろう。 はじめて枝 ...

勃起してない最短の状態で拘束される貞操帯。少しでもペニスが反応してしまったら最後、勃起が収まるまで苦痛に堪えるしかなくなる。彼にこれを装着すると、装着させられている事に興奮してしまい、着けて数秒でこの貞操帯の罰を受ける事となる。貞操帯の中で硬くなり出した ...

私の大きくてやらしいペニスしゃぶりまくって興奮したでしょ。お互い汗だくになって疲れたわね。変態同志よ、また会う日まで。余談色々あったり、考えさせられたり、新たにスタートさせた事があったりしてブログも書くのやめようとも思いましたが、自分の為にこれからも書い ...

今週も頭の中は興奮で侵され、身体は快楽、苦痛を与えられマゾへと堕とされてスッキリしていった、どうしようもない変態、マゾ達。。おかげで私もまた変態のアップグレードができました。また来週に向けてのプレイの構想、妄想、を始めていきます。  ...

マゾの妄想の中には貞操帯をつけられて管理されたいと願望が芽生える人は少なくない。しかし、これもまた理想と現実の違いが生じるプレイの中のひとつでしょう。彼もまたペニスを管理され、弄ばれたいと、願望を私に伝えてきた。ちょうど別件で貞操帯希望してドタキャンされ ...

突然ピアスを出してきた。このサイズのニードルが無かった為、3サイズくらい太いニードルで乳首にピアスの穴を開けた。ニードルを貫通させて抜くと血が溢れ、ピアスのキャッチが血で滑り少し苦戦したが無事に両乳首ともピアスを装着することができた。普段は見られる事のない ...

快楽は理性を持ってちゃ体感できな物でしょう。SMも同じでしょう。理性を持って責められても相手が滑稽に見えるだけです。 ただ動かずに責められるよりも、いつもと違う自分となり、感情的になり、素直になる事がより変態に、マゾに、なる事ができる方法ではないではないで ...

既婚のマゾはコロナが発生してからプレイできるタイミングが無くなり、マゾの欲を発散できず、もがいているみたいね。だから一晩家に誰もいないという滅多に無いチャンスを逃すわけにはいかないでしょう。久しぶりに再会した彼。もちろん変わらず脚に興奮するマゾだが、私の ...

大阪は5年ぶりに来ました。私は梅田に2日滞在し、久しぶりに再会した友達と食事したり、いつもと違う空間でゆっくり過ごしたりと、次の日のプレイに備えました。大阪駅はベルリンのセントラル駅と雰囲気が似ていて思わず写真を撮ってしまいました。大阪では観光的な動きはし ...

この2年であなたの乳首は誰が見てもドヘンタイにまで急成長し、摘んだだけで感じてしまう敏感な淫乱雌乳首になってしまいました。もう後には戻れない、マゾ淫乱ド変態乳首を追求していくしかないわね。いつかあなたが私の脚下で忠実なマゾになっている姿を見せてくれた時はお ...

最初はノーマルな身体だった彼。しかし、私とプレイしていく度に変態へと侵されてく彼の頭の中と身体。上半身を縄で拘束し、自由を奪われた状態になる彼。そっと触れるようにちくびを触り続けた結果それだけで敏感になった乳首。敏感になった乳首を必要以上に舌で弄りまくる ...

岡山でプレイした後、初めて岡山の観光してみました。定番的なスポットで岡山城、後楽園が挙げられweb で詳細を確認したところ休業日となっていましたが、景観だけでもと散歩してみる事に。。岡山の街を散策し、初めて見る街並みが新鮮でコロナ化でも人が賑わい活気のある様 ...

ホテルのドアを開けると彼は全裸で乳首にクリップをつけ、キンタマを縛った紐のリードをぶら下げ、ペニスは勃起した期待通りの変態な格好で出迎えてくれた。私はプレイ着に着替え彼の前に立つと、ペニスはまだ勃起してる状態だった。やらしいくらいに硬く勃起したペニス。も ...

自主練して急成長した長細く肥大した彼の乳首。どこから見ても変態的になった乳首は不快感を催すくらいだ。指で摘むだけで快感を感じている敏感になった乳首は同時に彼の雌豚スイッチをONにさせていく。更に乳首に針を刺すと、マゾ堕ちした淫乱雌豚となり、クロスに針が刺さ ...

ここの匂い嗅ぎながらオナニーしてる姿を私に見せてよ。 変態。痴女が最強のS女だと最近思えてきました。 ...

今回はいつものケイン、乗馬鞭の他に彼が作ってきた鬼畜鞭を使って流血目指して責めてみました。マゾは調教日が近くなると、妄想が止まらなくなり、妄想でひらめいた道具を作ってみたりして、調教当日までを愉しんでいる。そんな悶々としている時に作ってしまうので残酷な物 ...

↑このページのトップヘ